神社の雰囲気や設備をチェック

自分達がイメージする理想の結婚式を実現するために、挙式会場となる神社選びのポイントを見ていきましょう。

私が選んだ神社ランキングはこちら

まずは神社の雰囲気。格式高い由緒ある神社や、緑豊かな神社など、希望するイメージに合う神社を選んでくださいね。季節ごとに桜や新緑、紅葉などが楽しめる神社も素敵ですよ。また、神社への交通アクセスや、周辺の環境もチェックしておくと良いでしょう。交通の便が良く、都心に近いながらも閑静な場所がおすすめです。

次は設備について。待合室や支度室として使えるスペースがあるかをチェックしておきましょう。神社によっては、冷暖房が完備されていないこともあります。挙式の時期によっては、冷暖房が完備されていないとちょっとツライかもしれないので、こちらも確認してみてくださいね。また、挙式当日に雨が降った場合を想定しておくことも大切です。雨の場合も、神殿まで濡れることなく移動できる通路があるかどうかなども見ておくと良いと思います。

神前式にかかる費用の総額に注目

素敵な結婚式にしたいけれど、やっぱり気になるのが挙式費用のこと。「神社での神前式ってどのくらい費用がかかるの?」という疑問や不安をお持ちの方もたくさんいらっしゃるのでは?

神社に納める挙式料は、だいたい5~10万円が一般的です。ただ、挙式料の他に、衣装代、支度代(着付け・ヘアメイク)、カメラマン・アルバム代などが別途かかります。神社によっては、衣装レンタルや支度代をセットにしたお得な神前式プランを用意していることもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。挙式料+衣装や支度代の総額は、20~40万円が一般的だと思います。

自分達らしい結婚式にするために

お仕着せでない自分達らしい結婚式にできるかどうかも大切なポイントです! そこは、神社と提携している婚礼プロデュース会社の腕にかかっている部分でもあります。自分達の希望をしっかりと聞いてくれて、フレキシブルに対応してくれるかどうかをチェックすると良いでしょう。神前式後の食事会やパーティ、移動や宿泊のことまで相談に乗ってもらえる会社なら、すべて安心してお任せすることができますよ。

それに、衣装レンタルをする場合は、好みの衣装が揃っているかどうかも事前に確認したいところ。気になる神社が見つかったら、メールや電話で問い合わせたり、資料請求したりして、じっくりと検討してみてくださいね。