さまざまな挙式スタイルから選ぶ

2人の愛を誓い合う結婚式のスタイルは実にさまざまで、その中から、より自分達らしい挙式スタイルを選ぶ方が増えてきています。挙式スタイルには、次のような種類があります。

【キリスト教式】

教会や式会場のチャペルで挙げる式。プロテスタントとカトリック、大きく2つの宗派がありますが、ホテルや結婚式場のチャペルではプロテスタントがほとんどです。プロテスタントでは牧師先生、カトリックでは神父様が司式者となります。

【神前式】

神社やホテル内の神殿で執り行われる日本ならではの結婚式。美しい和装の花嫁姿や雅楽の演奏など、神前式ならではの伝統的で厳かな雰囲気が魅力です。

【人前式】

参列者の親族や友人の前で愛を誓うセレモニー。ゲストハウスやレストランなど、リラックスした雰囲気の中で執り行われます。

【仏前式】

お寺や自宅の仏前で執り行う式。仏様やご先祖に2人の縁を報告するものです。

また、挙式はせずに、親族や親しい友人を招いてパーティだけする方や、写真撮影のみのフォトウェディングを選ぶ方もいます。

和装の結婚式がブームの兆し

挙式スタイルが多様化する中、およそ6割の方がキリスト教式、残りの4割の方が神前式や人前式を選んでいるそうです。「結婚式」と聞くと、チャペルのバージンロードを歩くイメージが強いからかもしれませんね。

でも、最近では伝統的な神前式の魅力が見直されていて、日本ならではの厳かな結婚式への人気が高まってきています。美しい和装の花嫁姿や、伝統的で奥ゆかしい雰囲気などが、神社での結婚式ならではの魅力です。