神前結婚式に参列するゲストの服装

神前式はもともと親族のみ参列するのが一般的でしたが、最近では親しい友人も参列できるようになっています。そこでやっぱり気になるのが、参列する際の服装のこと。というわけで、神前式に参列するゲストの服装マナーを見ていきましょう。

神社での結婚式では、親族は和装の正礼装をすることが一般的です。男性は紋付き羽織袴で、女性は黒留袖など。いとこや友人の服装は、着物でもドレスでもOKだと思います。ただ、チャペルやホテルでの結婚式と違って、日本ならではの伝統的な挙式スタイルなので、華やかな和装で行くのもおすすめですよ。

神前結婚式で避けた方が良い服装は、露出の多いドレスなどです。肩が出るドレスを着る時は、ストールやボレロなどを羽織ると良いでしょう。花嫁カラーである白い服装はもちろんNGです。また、殺生をイメージさせるヘビ革やワニ革、ファーやハラコ素材などを使ったアイテムも、タブーとされています。

知っておきたい神前式参列マナー

始めて神前式に参列する場合などは、神社での結婚式マナーなんて分からないけど大丈夫かな……と、心配している方もいらっしゃるのでは? ここでは、これだけは覚えておきたい神前式のマナーを紹介していきますので、よろしければ参考にしてみてくださいね。

まず、神前式の場合は、遅刻をすると式場に入れなくなることを覚えておきましょう。女性は着付けやヘアメイクなどで特に時間がかかるので、時間に余裕を持って行動しておくことをおすすめします。

また、式の最中は係りの人の案内に従って行動すれば大丈夫ですが、事前に覚えておくと安心な、神前式ならではの作法があるので見ていきましょう。

  • 入場の際の手水

神社に参拝する時と同じように、柄杓に汲んだ水で手と口を清めます。

  • 玉串奉奠の時の二礼二拍手一礼

新郎新婦が玉串を奉納して二礼二拍手一礼をする時に、参列者も起立して二礼二拍手一礼をします。

  • 親族杯の儀

参列者全員の杯にお神酒が注がれてから、一同起立して、そのお神酒を3回で飲み干します。