伝統的なヘアスタイルは文金高島田

和装の花嫁のヘアスタイルは、江戸時代の未婚女性の髪型だった「文金高島田(ぶんきんたかしまだ)」が定番です。文金高島田とは、トップの髪の根元を高くしてふくらませた島田髷(しまだまげ)と呼ばれる女髷に、鬢(びん)と呼ばれる両サイドの髪と前髪をふくらませた髪型のことを言います。

和装の結婚式では、文金高島田のかつらを利用するのが一般的。自分の髪を利用しない「本かつら」から、自分の髪を混ぜて結い上げていく「七分かつら」や「五分かつら」まで、かつらにも色々な種類があります。文金高島田のかつらは、和装に映える伝統的な髪型として人気です。

花嫁に似合う洋髪アレンジも人気

「伝統的な髪型も良いけど、自分らしい雰囲気に合わせたヘアスタイルにしたい」という方は、洋髪でもOKです。最近では、モダンなアレンジができる洋髪を選ぶ花嫁も多くなってきています。髪をアップにして華やかな雰囲気にしたり、低い位置で髪をまとめて落ち着いた雰囲気にしたりと、さまざまなアレンジが可能です。自分のイメージする花嫁姿に似合うヘアスタイルにすると良いでしょう。

花嫁のヘアを飾る角隠しと綿帽子

「角隠し」や「綿帽子」ってご存知ですか? どちらも和装の花嫁の文金高島田に合わせる伝統的なアイテムです。では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

【角隠し】

文金高島田を飾る帯状の白い布のこと。格のある落ち着いた雰囲気が魅力です。角隠しの由来には諸説あるのですが、「角を隠して夫に従順になるよう」といった意味があると言われています。

【綿帽子】

花嫁が白無垢を着る時にだけ文金高島田の上から被る袋状の白い布。奥ゆかしい雰囲気になります。額や横顔がすっぽりと覆われるようにしてあり、「結婚式が済むまで新郎以外の人に顔を見られないように」というのが由来だそうです。