さまざまな種類の花嫁衣装

伝統的で美しい和装の花嫁、憧れる方も多いのではないでしょうか? 着物には格があり、花嫁衣装として相応しいとされる着物があります。白無垢や色打掛、引き振袖などが一般的な花嫁衣装です。では、結婚式で花嫁が着る着物の特徴や魅力をそれぞれチェックしてみましょう。

【白無垢】

打掛から小物まで、すべて白でまとめた衣装。白無垢は女性の婚礼用の正礼装です。一見、白無地のように見えますが、近くで見ると美しくおめでたい模様の刺しゅうが施されています。白い色には、汚れのない花嫁の純真さや、嫁ぎ先の色に染まれるという意味が込められているそうです。結婚式でなければ着る機会のない格の高い着物ということもあり、多くの花嫁から選ばれています。

【色打掛】

白以外のカラーが付いた打掛を羽織ります。色とりどりで華やかな雰囲気が魅力。格のある着物なので挙式にも着られますが、お色直しの衣装として人気があります。

【引き振袖】

おはしょりを作らず、裾を引くようにして振袖を着ます。「お引きずり」とも言われる衣装です。黒地に華やかな模様を施した黒引き振袖が、気品のある雰囲気で特に人気があります。未婚女性の正礼装である振袖を着る機会は結婚式が最後となることもあり、引き振袖を婚礼衣装として選ぶ花嫁も多いようです。

新郎の和婚衣装

和装の神前式では、新郎は男性の正礼装である紋付き袴を着るのが一般的です。白やグレーなどもありますが、黒い衣装が多く見られます。花嫁の衣装は色とりどりなのに、どうして新郎の衣装は黒が多いの?なんて疑問に感じるかもしれませんが、着物の色と言えば、黒が一番格式高いイメージがあるからなのかもしれませんね。

新郎の衣装は、花嫁の衣装が決まってから、2人の衣装のバランスを考えて選ぶと良いでしょう。