准勅祭社として定められていた東京十社

東京十社とは、明治時代に准勅祭社として定められていた10ヶ所の神社のこと。「准勅祭社」と聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、勅祭社とは、天皇によって勅使が遣わされて祭礼が執り行われる神社のことです。東京では、明治神宮と靖国神社が勅祭社として定められていました。そして准勅祭社とは、これに準ずる格式のある神社のことです。

歴史のある東京十社は、東京の地を守って人々の安泰を祈るための神社として鎮座し続けてきました。その伝統的で格式高い雰囲気によって、神前結婚式の会場としても多くの方々に選ばれています。

格式高い東京十社とは?

准勅祭社として定められていた格式のある東京十社とは、どこの神社のことを指すのでしょうか? では、神前式会場としても人気の高い東京十社を紹介していきます。

品川神社

【所在地】東京都品川区北品川3-7-15
旧北品川稲荷社。北の天王社とも呼ばれている。天比理乃咩命(アメノヒリノメノミコト)を勧請したのが始まりといわれており、パワースポットとして有名。

芝大神宮

【所在地】東京都港区芝大門1-12-7
伊勢神宮の主祭神である天照大神と豊受大神を祭っていることから、関東のお伊勢様と呼ばれることも。

氷川神社

【所在地】東京都港区赤坂6-10-12
港区白金にある氷川神社(白金氷川神社)と区別するために、赤坂氷川神社とも称されている。

根津神社

【所在地】東京都文京区根津1-28-9
日本武尊(やまとたけるのみこと)が創祀されたと言われる神社。ツツジの名所としても知られている。

白山神社

【所在地】東京都文京区白山5丁目31-26
あじさいの名所としても有名な神社。白山という地名は、白山神社が由来だと言われている。

神田神社

【所在地】東京都千代田区外神田2-16-2
神田・秋葉原から日本橋・大手町まで、広い地域の総氏神。神田明神とも呼ばれている。東京23区内のパワースポットとして紹介されている。

日枝神社

【所在地】東京都千代田区永田町2-10-5
江戸三大祭りとされる山王祭が執り行われる神社。

亀戸天神社

【所在地】東京都江東区亀戸3-6-1
亀戸天満宮、東宰府などとも言われる。学問の神様である菅原道真を祀っている。江戸時代から亀戸の藤と呼ばれた藤の名所で、GWごろが見ごろ。

富岡八幡宮

【所在地】東京都江東区富岡 1-20-3
神田神社の神田祭、日枝神社の山王祭と並んで、江戸三大祭りとされる深川祭が執り行われる。深川の八幡様と呼ばれ。こちらもパワースポットとして紹介されている。

王子神社

【所在地】東京都北区王子本町1-1-12
旧王子権現。王子神社の田楽(雅楽と踊りの伝統芸能)は、北区の無形文化財に指定されている。